Testament 遺言書作成について

Testament

HOME//遺言書作成について

Q

なぜ遺言書を作成した方がよいのか?

相続人同士の争いを未然に防げることが遺言書を残す大きなメリットといえるでしょう。
遺言書を作成しておらず、法定相続人が複数おられる場合は、相続人全員で遺産分割協議をしなければなりません。
そのため、例えば主な財産が不動産だけという場合は、法定相続分に従った財産分割が難しく、遺産分割協議がまとまらないということも考えられます。
そこで、相続人全員で遺産分割協議を行うのが難しそうな場合は、遺言書を作成し、遺言により誰がどの財産を相続するかを指定しておくことで、遺産相続をめぐる相続人同士の争いを未然に防ぐことできます。

Q

なんで司法書士に
遺言書のサポートを頼まなあかんのや?

遺言は、その形式が法律で厳格に定められており、形式から逸脱すると、せっかく作成した遺言が無効になってしまいます。
法律のプロである司法書士が作成に携わった遺言書であれば、形式の不備のために無効になるということがなく、遺言者の意思を死後に確実に実行させることができるのです。

Q

遺言には
どんな種類があるの?

遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。
自筆証書遺言は、遺言者が遺言全文を自筆する遺言書です。作成日と氏名を記載し、押印すれば作成できます。
公正証書遺言は、遺言をする人が、公証人の面前で遺言の内容を口述し、その内容を公証人が書面にしたものです。

Q

自筆証書遺言のメリット、デメリットは?

【メリット】
安くつくれる。
いつでも自由に作成できる。
何度でも気軽に書き直せる。

【デメリット】
改ざんや紛失の可能性がある。
不備があれば無効になる。
相続開始後、家庭裁判所で検認を受ける必要がある。

Q

公正証書遺言のメリット、デメリットは?

【メリット】
不備が理由で無効になることがない。
家庭裁判所での検認手続きが不要なため、相続開始後速やかに遺言の内容を実現できる。
改ざんや紛失のおそれがない。

【デメリット】
費用がかかる。
証人2人の立ち会いが必要。